脱毛方式の違いっていろいろあります

脱毛する時に悩むのがどの方法で脱毛するかだと思います。
ここでは、SSC方式とIPL脱毛の違いについて書いていきたいと思います。

共通点として、可視光線を利用して脱毛しています。
可視光線より波長の短いものを紫外線、長いものを赤外線と呼んでいて、
これらとは違う光線を利用しています。

IPL脱毛はインテンス・パルス・ライト(Intensive Pulse Light)
という光を使用しています。

SSC脱毛はジェルを使用してから、クリプトンの光をあてます。

可視光線を皮膚に照射することで、美容効果があります。
様々なエステ業界でも使用している方法で、
細胞に反応し活性化させる効果があり
毛穴の引き締めや美肌に導くことができます。

IPL脱毛は光エネルギーを使う脱毛法です。
光を吸収する毛はメラニンを含んだ毛のみです。
この毛が発熱し、肌に影響を与えることなく、
たんぱく質が熱変化することで脱毛します。
施術中は照射と停止を繰り返します。こうすることで
肌の温度が上がりにくくします。痛みが少ない脱毛方法です。

SSC脱毛はスチームスキンコントロール式といいます。
肌に専用のジェルを塗ってから、光をあてることでジェルの中の成分が浸透して
制毛効果を促進します。
1秒で200本の毛に作用して、痛みも少なく肌へのダメージも少ない方法です。

どちらも、人気が高い脱毛方法です。
ただ、1回だけでは効果が得られなく、6回以上での施術によって脱毛効果がより実感出来ると思います。
個人的にはSSC脱毛をお勧めします。
光だけでは得られないジェルとの相乗効果により高い脱毛実感がえられるからです。
ジェルの中の美容成分も肌内部に浸透するので、肌の美容効果がさらに増していきます。